風花に乗る

挽歌とは風花に乗る秘の心



アルバム「MISSLIM」
画像



 JAF MateというJAFの会報誌がある。松任谷正隆氏の「クルマとトイレ」
という面白いエッセイを読んだ。
 今回のブログのテーマはユーミンにしようと思う。ユーミンは私より一つ
年下だが、学年は同学年である。
 九州の西の端にいた私は、中3より高校時代は中波ラジオより微かに受
信する沖縄のFENを聴き最先端の音楽に聞き入っていた。たしかに音楽
情報誌より3か月から半年 近く情報は早かった。アメリカや日本で人気が出
てくるころには、もう他のアーティストへ重心が移っていた。いわゆる青田
買いである。
 当時私は誰かのファンということではなく、メロディー優先の聴き方をして
いた。ジミヘンの「All Along The Watchtower」(ボブディラン作)も好きだった
が、バカラックの「One Less Bell to Answer」(歌5thDimention)も同じくら
い好きであった。(10代の私には詩はまだ手に余った。)
 学生時代、東京の学生寮にいた私は、後輩より「ひこうき雲」「ミスリム」
の2枚のアルバムを聴かされた。大学3年当時、先輩の影響で私はJAZZ
への興味が増していたが、荒井由実の2枚のアルバムを聴いた時の印象
は今でも色褪せることはない。
 とにかくアルバムの中に駄作がないのだ。通常アーティストには習作期
間があるものだが、(ユーミンにもシングルが売れなかった時期はあるよう
だが)メロディも歌詞も新鮮で熟成しているのである。
 中高生の頃は、音楽・美術・文学など広範囲に接点をもっていたようであ
るが、よく目にするプロコルハルムの「青い影」が好きだったという文章だ
けでは、彼女の助走期間を想像するのは中々難しい。ユーミンと同じ青春
期の音楽に耳を傾けてきた者として想像するには、アメリカ・イギリスのロック・
ポップス、シャンソン、ミュージカルの重層的な影響を感じる。特にユーミン
のバラード系のナンバーには、60年代のアメリカンポップスやミュージカル、シャンソン
の影響を感じる。
 1970年代初頭は、まだ洋楽全盛期であり、日本のシンガーソングライターの黎
明期であった。ユーミンのデビューは、下記に列記した通り他のアーティスト
のアルバムより一瞬早く、彼女の詩と旋律は少なからず影響を与えてい
たと思うのである。
 当時、洋楽一辺倒の私としては、ユーミンの歌は日本のポップスの世
界に、直接間接を問わず視界を広げる役割していた印象を持つのであ
る。ユーミンの歌は、当時やや異質であったが、新鮮すぎた。
 その後洋楽ロックは、ポップ路線をたどり、80年代にはアメリカはヒップホップ
が隆盛し、日本国内での洋楽自体が下火になってゆく。それと入れ替わ
るように、日本のポップスは独自の進化を遂げてゆく。
 その後7枚目のアルバム「OLIVE」の頃までは聞いていたが、段々メジャ
ーになってゆく彼女から私小説的な良さが無くなってゆくような気がして、
ユーミンの音楽との距離は随分隔たってしまった。
 私は就職し、初期のユーミン以後の音楽は、小耳にはさむ程度であり
1980年代にはクラシックファンになっていた。
 私の愛聴曲は「最後の春休み」である。ミュージカルの一節を見るようで
40数年経った今でも新鮮さを失うことがない。今70年代当時の音楽を回顧
的に聴くのは、YouTubeの御かげである。

1966年5月16日 Blonde on Blonde ボブディラン
1966年8月5日   Revolver ビートルズ
1966年10月24日  Parsley,Sage,Rosemary and Thyme  サイモン&ガーファンクル
1968年8月9日   Wheels of Fire クリーム
1968年10月16日 Electric Ladyland ジミヘンドリックス
1969年5月29日  Crosby, Stills & Nash クロスビースティルス&ナッシュ
1969年10月22日 Led Zeppelin II  
1970年10月24日 One Less Bell To Answer 5thディメンション
1971年 America(A Horse With No Name) アメリカ
1971年11月26日 Fragile イエス
1972年10月    Can't Buy A Thrill スティーリーダン
1973年11月20日 ひこうき雲 荒井由実
1974年10月5日  MISSLIM 荒井由実
1973年12月1日  氷の世界 井上陽水
1974年8月25日  わすれもの さだまさし
1975年12月20日  ワインの匂い オフコース
1976年4月25日   私の声が聞こえますか 中島みゆき 
1979年4月5日 10ナンバーズ・からっと サザンオールスターズ
タイトルは何れもアルバム名

「最後の春休み」 Album Oliveより  荒井由実
https://www.youtube.com/watch?v=m3d8mwbkvrU

「 April Come She Will 」 Simon & Garfunkel   5,290,344 回視聴
https://www.youtube.com/watch?v=PYD-DIggB2k
アルバム The Sound of Silenceより

「Crossroads」    Cream
https://www.youtube.com/watch?v=PE9HvSdcaL4

「 All Along The Watchtower 」 Jimi Hendrix   111,323,252 回視聴 
https://www.youtube.com/watch?v=TLV4_xaYynY&spfreload=10

「Judy Blue Eyes」  Crosby, Stills, & Nash     2,368,138 回視聴
https://www.youtube.com/watch?v=kVUwrifwKrI

「 Whole Lotta Love」  Led Zeppelin        66,945,330 回視聴
https://www.youtube.com/watch?v=HQmmM_qwG4k

「One Less Bell To Answer」 5th Dimention   5 ,332,511 回視聴
https://www.youtube.com/watch?v=9ZcA3kiaQb0
バートバカラック作

「A horse with no name 」 America         24,257,847 回視聴
https://www.youtube.com/watch?v=Tm4BrZjY_Sg&spfreload=10

「 Roundabout 」 Yes                1,705,023 回視聴
https://www.youtube.com/watch?v=cPCLFtxpadE

「 Peg 」 Steely Dan album Ajaより        388,006 回視聴      
https://www.youtube.com/watch?v=ZwyTrWJ7Djw&spfreload=10



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック